ワクチンについて

推奨予防接種スケジュール

年齢 ヒブ 肺炎球菌 B型肝炎 四種混合 BCG MR 水痘 おたふく ロタリックス 日本脳炎 二種混合
2か月
3か月
4か月
5か月
7か月
1才0か月
1才1か月
1才6か月
3才
3才1か月
4才
5才~6才
9才
11才~

*おたふくかぜワクチンとロタリックスは有料

・予防接種は、複数のワクチンの同時接種をお勧めします。
一度に4本、経口ワクチンのロタワクチンを含める場合は5本まで、同時接種が可能です。
当院のロタワクチンは、2回経口接種するロタリックスです。
予防接種は、病気を予防するためのものなので、生後2か月から開始し、スケジュール表を参考に接種可能年齢になったら速やかに接種を済ませましょう。

・予防接種と一緒に乳児健診も受けられます。
1か月健診のあとは、7か月健診・1歳児健診を推奨します。(なお、横浜市保健医療センターでは、4か月健診・1才6か月健診・3才児健診が受けられます。)
1歳児健診時に、ヒブ4回目、肺炎球菌4回目、MRワクチン(麻疹・風疹)、水痘(水ぼうそう)ワクチンを一緒に接種しましょう。

標準接種間隔と接種回数

ワクチン 標準初回接種と接種間隔 追加接種
ヒブ 1回目→4週あけて2回目→4週あけて3回目
・生後2か月から
3回目から7か月~13か月 4回目
・1歳すぎてから
※1回目、2回目、3回目の接種は、1歳未満までに行います。
プレベナー
(小児肺炎球菌)
1回目→4週あけて2回目→4週あけて3回目
・生後2か月から
3回目から60日あける 4回目
・1歳すぎてから
※追加接種は生後12~15か月が標準。
B型肝炎 1回目→4週あけて2回目
・生後2か月から
1回目から20~24週あけて 3回目
ロタ
(ロタリックス)
1価
1回目→4週あけて2回目
※生後6週から初回経口接種開始し、生後24週まで2回経口接種。
四種混合 1回目→3週あけて2回目→3週あけて3回目
・生後3か月から
3回目から12か月~18か月 4回目
BCG 1回
・生後5か月から
MR
(麻疹・風疹)
1回目
・1歳から
小学校入学前の1年間 2回目
(4月1日~入学する年の3月31日まで)
水痘
(水ぼうそう)
1回目
・1歳から
1回目から6か月~12か月 2回目
おたふくかぜ
(流行性耳下腺炎)
1回目
・1歳から
小学校入学前の1年間 2回目
日本脳炎 1回目→1週~4週あけて2回目
・3歳から
2回目から約1年後・4歳 3回目
・9歳から 4回目

公費ワクチンに関するお知らせ

横浜市保健所・予防接種についてのホームページ

ヒブワクチン・プレベナー(小児肺炎球菌)ワクチン(公費)

乳幼児の細菌性髄膜炎を予防するワクチンです。
生後2か月になったらできるだけ早く接種しましょう。

B型肝炎ワクチンについて(公費)(出生時母子感染予防は除く)

接種回数:3回
初回から4週後に2回目、初回から20~24週後に3回目を接種します。

四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)ワクチン(公費)

生後3か月になったらできるだけ早く接種しましょう。

BCGワクチン(公費)

1歳未満(11か月まで)に接種します。
標準接種年齢(5か月~7か月)

MR(麻疹・風疹)ワクチン(公費)

1歳になったらできるだけ早く接種します。

水痘ワクチン(公費)

標準の接種方法は、初回接種は生後12~15か月の間に1回、
2回目を、初回接種終了後6~12か月の間に1回(3か月以上の間隔をおいて2回接種)

※H26年10月1日から市内の医療機関で、1歳~2歳児は2回公費(無料)で受けられます。
料金:上記年齢以外の方は1回につき・・・8,000円(税込)

おたふくかぜワクチン(自費)

1歳から接種します。1回の接種でも免疫は付きますが、軽くかかってしまうことがあります。しっかり予防するため、5~6歳時に2回目の接種をすることができます。

料金:1回につき・・・6,000円(税込)

ロタリックスについて(自費)

このワクチンは、ロタウィルス胃腸炎を予防するワクチンです。
生後6週から24週までの間に、2回接種します。1回目と2回目は4週間以上あけてください。このワクチンは経口生ワクチンなので、他のワクチンを接種する場合も4週間あける必要があります。
料金:1回につき・・・14,000円(税込)

 

※ご来院前に、ご自宅で熱を測り、いつもと変わりないことをご確認の上、お出掛け下さい。